出版・読書メモランダム

出版と近代出版文化史をめぐるブログ

2013-08-19から1日間の記事一覧

混住社会論33 デイヴィッド・リンチ『ブルーベルベット』(松竹、一九八六年)

一九八〇年代にビデオの時代が到来し、それに伴うレンタル店の増殖によって、多くの未知の外国映画を観ることができるようになった。それらの監督の中で、とりわけ私を魅了したのは二人のデイヴィッドである。その一人のクローネンバーグについては本連載1…