出版・読書メモランダム

出版と近代出版文化史をめぐるブログ

2015-07-19から1日間の記事一覧

古本夜話490 小山勝清『それからの武蔵』

江馬修と柳田民俗学の関係は定かに見えてこないし、『一作家の歩み』に柳田国男は出てこない。柳田の側から見ても、江馬は『柳田国男伝』に妻の三枝子と並んで言及されているが、『ひだびと』に関してだけである。しかしひょっとすると、『山の民』は柳田の…