出版・読書メモランダム

出版と近代出版文化史をめぐるブログ

2020-06-12から1日間の記事一覧

古本夜話1034 三浦逸雄と『伊太利語辞典』

ダンテの『神曲』が続いたこともあり、もう一人の『神曲』の翻訳者にもふれないわけにはいかないだろう。しかもそれは本連載1016で『ユリシイズ』翻訳において謝辞を掲げられていた人物で、しかも第一書房の『セルパン』編集長の三浦逸雄によるものだか…