出版・読書メモランダム

出版と近代出版文化史をめぐるブログ

2011-06-10から1日間の記事一覧

古本夜話105 国民文庫刊行会『国訳大蔵経』

前回 大正時代における仏教・宗教書出版につい書いたので、乱歩絡みの仏教書のことも書いておこう。松村喜雄は『乱歩おじさん』の中で、花咲一男と乱歩の書物談議を紹介し、花咲が『国訳大蔵経』を勧められ、「この本を〈文学〉として読め、と乱歩さんが教え…