出版・読書メモランダム

出版と近代出版文化史をめぐるブログ

古本夜話967 「アチック・ミューゼアム彙報」と田中梅吉『粒々辛苦・流汗一滴』

 『民間伝承』の第一号には「最初の世話人」として、柳田国男、橋浦泰雄、守随一などを含めた十四人の名前が挙がっているが、意外なのは宮本常一を始めとして、澤田四郎作、桜田勝徳が名前を連ねていることである。

 佐野眞一の宮本と澁澤敬三を描く『旅する巨人』(文春文庫)によれば、昭和八年に宮本はガリ版刷り同人誌を創刊している。これがきっかけとなり、大阪の医者で民俗学に傾倒する澤田四郎作と知り合う。澤田は柳田とも知り合いで、下阪する際にはかならず、彼のところに立ち寄り、民俗学者の間ではその診察所は「沢田ハウス」と呼ばれていたという。この澤田との出会いにより、初めて柳田とつながる民俗学徒を知り、大阪民俗説話会、後の近畿民俗説話会が発足する。
旅する巨人

翌年には柳田から宮本に手紙が届き、京都大学に集中講義にいくので、君に会いたいと書かれていた。話は主として山村調査で、在版の若き民俗学徒の桜田勝徳、倉本市郎と会うように勧めた。さらに十年四月には大阪民俗説話会を澁澤が訪ねてくる。この時代に澁澤はアチック・ミューゼアムへ桜田、倉本、宮本を入所させるつもりでいた。

 その後、続けて桜田と倉本が上京してアチック・ミューゼアムに入所したが、宮本は収入なども不確かなアチック入りをすぐに決断できなかった。それでも同年七月、東京の千駄ヶ谷の日本青年館で、柳田の「還暦記念」を兼ねる日本民俗学講習会が一週間にわたって開かれ、それに出席し、初めて澁澤邸とアチック・ミューゼアムを訪れ、実際にその四年後にアチック入りするに至る。

 しかしこれはないものねだりだと承知しているが、佐野の筆は宮本と『民間伝承』の関係には及んでいない。しかし『民間伝承』第一号には『口承文学』(第十号)の紹介、「新入会員紹介」にはアチック・ミューゼアムの名前、「学界消息」として「アチックより」もレポートされていることからすれば、宮本たちのことも含め、両者は初期人脈もクロスし、予測以上に併走関係にあったと見なせよう。また『柳田国男伝』の注によれば、民間伝承の会設立が決められた日本民俗学講習会は、京都で会った宮本の民俗学の蒙をひらくための講習会を持ってほしいという申し出に端を発しているという。

柳田と宮本の関係はともかく、佐野の『旅する巨人』にふれたので、ここでアチック・ミューゼアム、後の日本常民文化研究所が刊行していた研究書「アチック・ミューゼアム彙報」を取り上げてみたい。あらためてアチック・ミューゼアムをラフスケッチしておくと、渋澤敬三は大正十年にアチック・ミューゼアムソサエティを設け、その邸内物置の天井なき二階屋根裏=アチックを標本室とし、十四年から民具収集を始め、昭和九年からは単行本も刊行するようになる。それらの中に宮本の『周防大島を中心としたる海の生活誌』、澁澤編書『豆州内浦漁民史料』などもあり、それらは戦前だけで全五十二冊に及んでいる。しかしすべてが郷土史やその社会史料といった専門書で、商業出版物とはいえず、澁澤のパトロネージュによらなければ、企画刊行できなかったと断言していい書物群を形成している。

それらの一冊を、例によって浜松の時代舎で見つけ、購入してきている。それは田中梅治の『粒々辛苦・流汗一滴』と題された「島根縣邑智郡田所村農作覚書」で、この出版に至るエピソードが『旅する巨人』で言及されている。宮本は自分の旅を歩いただけでなく、「すぐれた郷土史家を発掘し、その業績を世間に広く知らせる仕事も自分に課してい」て、その仕事のひとつが田中の著作の出版だったと佐野は述べている。

宮本が最初に田中の名を知ったのは近畿民俗説説話会で一緒になった赤松啓介(栗山一夫)と通じてである。それは赤松が『民間伝承』に農業技術に関して、「実際に農業を知らない奴ばかりが書いているという内容の批判」を寄せたことがきっかけだったとされる。『民間伝承』を確認してみると、その一文は昭和十二年一月号の「会員通信」に本名の栗山一夫で寄せられた「播磨の亥の子」だと思われ、そこではその風習をめぐって、「実際の農業的生産技術及びそれに及ぼす一切の影響」を含めて考えるべきだと指摘している。

するとただちに「田中の細密な農業記録」が送られてきたが、当時の赤松は労働運動で官警から追われる立場にあった。それを佐野は実際に赤松をインタビューし、次のように書いている。

 それを一読して赤松は、本当の百姓が書いたものだと驚嘆し、ぜひとも出版させたいと思った。だが検挙が間近に迫った身としては、それはとても叶えられる話ではなかった。そのとき下宿にひょっこり現れたのが宮本だった。宮本がアチック入りする数ヵ月前の昭和十四年の春のことだった。
「検挙されればせっかく預かった貴重な資料も全部押収されてしまう。それで宮本に、これを預ってガリ版でもいいから出版してくれないか、と頼んだんだ。検挙される数ヵ月前のことだった」

それを受けて、宮本は十一月に田中の住む島根縣邑智郡田所村に向かった。アチック入りしてから初めての旅だった。そして田中に会い、彼が明治末期に信用組合を先駆けて結成し、村内に貧富の差を生じさせないように腐心した篤農家であることを実感した。さらに翌年にも宮本は澁澤を伴い、田中を訪ね、その「自分自身の生活に関してはつましく、おそろしいほど古風」な人柄を再見している。だが一ヵ月も経たないうちに、田中はその七十三歳の生*を終え、二人の来訪がなければ、『粒々辛苦・流汗一滴』の刊行も実現していなかったかもしれない。

昭和十六年九月に「「アチック・ミューゼアム彙報 第四八」として、田中の『粒々辛苦・流汗一滴』は刊行された。A5判変型、田中の写真と年譜、索引も含め、二〇〇ページに及び、森脇太一の「序文」はこれまでたどってきた出版の経緯と事情をも詳細に伝えている。

その奥付を見ると、発行者は高木一夫、発売所は丸善とあるので、「アチック・ミューゼアム彙報」が丸善を通して流通販売されていたとわかる。高木は佐野の『旅する巨人』には出てこないが、『柳田国男伝』には最後までアチック・ミューゼアムにとどまった所員として姿を見せている。彼が澁澤の出版代行者だったのであろう。

なお「アチック・ミューゼアム(日本常民文化研究所)の刊行物一覧」は平凡社の『澁澤敬三著作集』第5巻に収録されている。
f:id:OdaMitsuo:20191114141031j:plain:h80


 [関連リンク]
◆過去の[古本夜話]の記事一覧はこちら

古本夜話966 萩原正徳、三元社、『旅と伝説』

 昭和十年に創刊された『民間伝承』を読んでいると、雑誌の紹介欄に多くの民俗学に関連するリトルマガジンの新しい号の概要が記され、これらのトータルなコラボレーションによって、日本の民俗学も造型、展開されてきたことを実感させる。

 その中に必ず『旅と伝説』があり、これも幸いにして、『民族』と同様に、やはり岩崎美術社から全巻が復刻されている。しかしこの雑誌はタイトルのことも作用してか、ほとんど言及されていないように思われるし、それらを象徴するかのように古書価も驚くほど安い。私にしても大部の全巻を浜松の時代舎で購入し、ほぼ目を通しているにもかかわらず、かつて拙稿「時代小説、探偵小説、民俗学」(「本を読む」⑦、論創社HP連載)でふれたにすぎない。

f:id:OdaMitsuo:20191105113704j:plain:h120『旅と伝説』(創刊号) f:id:OdaMitsuo:20191106214421j:plain:h120(岩崎美術社、復刻)

 だが本連載でも『民族』や『民間伝承』にも言及してきたし、同じく復刻版を所持している『旅と伝説』のことも書いておくべきだろう。それにこれだけ長く出され続けた民俗学絡みのリトルマガジンは他にないと思われるし、『柳田国男伝』においても、その要を得た紹介がなされているからだ。それを引いてみる。

 柳田の関係した雑誌で、『民族』とともに南島研究の興隆に大きな役割を果たしたのは、『旅と伝説』である。この雑誌は、東京の三元社から、昭和三年(一九二八)一月より昭和十九年一月までの間、毎号欠号なく発行され、この間各地から数多くの民俗資料や採集報告が寄せられた。柳田にとっては貴重な情報源の一つであった。
 南島研究の面からみたこの雑誌の特色は、奄美諸島に関する論稿が数多く発表されていることである。雑誌の編集発行に当った萩原正徳が奄美大島出身で、かなり意欲的な奄美出身の研究者と連絡をとり、研究発表の場として、この雑誌を活用したのである。
 奄美大島に関する研究は、この雑誌の刊行によって、ようやくその緒についた。昇曙夢(一八七八~一九五八、ロシア文学者)や岩倉一郎(一九〇〇~一九四三、昔話研究者)、金久正といった人びとが、『旅と伝説』によって活躍の場を得てから、奄美に関する研究は、南島研究全体のなかで然るべき位置を占めていくことになる。

 『旅と伝説』の復刻は一巻に半年分を収録した全三十二巻という大部のものだが、創刊の昭和三年一月号を繰ってみると、この雑誌が「伝説」を謳っているけれど、「旅」のほうの色彩が強く始まっている。確かに藤澤衛彦「雪ある山々の伝説」、昇曙夢「奄美大島に伝わる『あもれをなぐ』の伝説」は掲載されている。だが神社仏閣巡礼や温泉行楽、スキーやスケートなどに関する寄稿が多く、表紙裏の一ページ広告は「鉄道乗車券印刷」の国友鉄工場、同じく裏表紙は松屋呉服店で、旅行と行楽のイメージが強い。また長谷川伸の時代小説「心中破り」も見える。

 それにやはり奥付と広告から、京橋区尾張町の三元社が「写真と写真応用の製作と印刷」専門の三元社写真製作印刷所の出版部門だとわかる。これも口絵写真の神社仏閣諸国巡礼のグラフィックな旅行を想起させる。二月号は湖案内、梅見、温泉めぐり、四月号は桜名所案内がメイン、六月号は郷土玩具特集で、創刊から半年分の第一巻の復刻を見てみると、『旅と伝説』が当時の旅行ブームに合わせて創刊されたと考えていいだろう。

 それから昭和四年の第三、四巻を繰っていくと、三元社が本連載213の南蛮書房として、昇曙夢編『ソヴェートロシア漫画・ポスター集』、ピオントコフスキー、萩原厚生、伊藤好道訳『ソヴェート政権獲得史』、レーニン、廣畑貞吉、田畑三四郎訳『農村問題とマルクス批判家』などの左翼出版物を刊行しているとわかる。またその一方で、真澄遊覧記刊行会として、柳田国男校訂『来目路の橋』『伊那中路』『わがこゝろ』を出し、また『旅と伝説』寄稿者の茂野幽考『奄美群島とポリネシア南方文化の研究』の発売所ともなっている。

f:id:OdaMitsuo:20191106221116j:plain

 柳田が「木思石語」の連載を始めるのは昭和三年八月号からで、それに寄り添うように中山太郎、早川孝太郎、折口信夫などの寄稿もなされていく。ただ柳田にしても折口にしても、ダイレクトな「南島研究」は発表していない。確かに昇は創刊号から二回続けて奄美伝説に関する寄稿をしているが、それらを合わせても十二編で、南蛮書房との関係が深いように思われる。岩倉市郎は「南島研究」を十五編寄せているが、金久正は六編であり、彼らが「『旅と伝説』によって活躍の場を得て」、奄美研究が活発になったと判断できない。それに『旅と伝説』と三元社からは奄美研究も単行本として刊行されていない。

 『旅と伝説』の復刻は『民族』や『民間伝承』と異なり、別巻に「総目次 執筆者別索引 総索引」がまとめて収録され、その全容を俯瞰できる。その「執筆者索引」を追っていくと、本連載の関係者だけでも、同937の賀喜左衛門が四編、同82などの大槻憲二が三編、同55などの尾崎久弥が十二編、同747の喜田貞吉の五編、同777などの北野博美の三編、本連載で後述する栗山一夫の二十一編、同じく後藤興善十一編がただちに見つかる。それに先に挙げた長谷川伸の他に、井伏鱒二、平林たい子たちの小説、富田常雄の戯曲なども掲載されている。

 それゆえに『旅と伝説』は旅行をメインコンセプトとし、伝説や文芸を加えた雑誌として始まり、それに柳田が寄稿したことで民俗の色彩が加わり、執筆者やテーマも多様化していったと思われる。それに加えて、特筆すべきは十六年間にわたって毎月刊行されたことであり、そのために「柳田にとっては貴重な情報源の一つ」だったことになる。

 その編輯発行兼印刷人の萩原が昭和九年頃の木曜会の初期メンバーだったようで、『柳田国男伝』にその集合写真が掲載され、そこに萩原の姿も見える。おそらく『旅と伝説』を通じて木曜会に参加することになり、そのメンバーの寄稿を得ることになったのではないだろうか。また『柳田国男伝』は萩原が奄美大島出身と述べているが、それよりも確実なのは彼が編輯発行兼印刷人を名乗っていることからすれば、三元社写真製作印刷所の経営者、もしくはその身近な関係者ではないだろうか。それゆえに驚くほど長く『旅と伝説』を出し続けることができたのではないだろうか。


odamitsuo.hatenablog.com
odamitsuo.hatenablog.com
odamitsuo.hatenablog.com
odamitsuo.hatenablog.com
odamitsuo.hatenablog.com


 [関連リンク]
◆過去の[古本夜話]の記事一覧はこちら

古本夜話965 青磁社、米岡来福、桑田忠親『千利休』

 伊波普猷『古琉球』を刊行した青磁社に関しては本連載393などでふれておいたように、この版元は山平太郎を発行者としていたが、出版社の戦時下の企業整備により、合併した八雲書林の鎌田敬止が編集長となり、折口信夫の『死者の書』を刊行したことを既述しておいた。この山平は『古琉球』の「改版に際して」において、伊波に『おもろ概説』の出版を依頼した編集者として名前が出ている。しかしそれはかなわず、『古琉球』の「改版」を手がけることになったのだが、やはり依然として山平のプロフィルはつかめない。

f:id:OdaMitsuo:20190925153342j:plain:h115

 それに『古琉球』の奥付発行者は山平や鎌田でもなく、米岡来福とあり、この人物に関しても同様である。だが少しばかりの手がかりは福島鋳郎編著『[新版]戦後雑誌発掘』(洋泉社)の中に残されている。そこには昭和十九年三月現在の出版社の「企業整備後の主要新事業体および吸収陶業事業体一覧」が収録され、青磁社は文芸図書版元で、その代表は米岡と記されている。

 そして青磁社が自社も含め、武蔵野書房、八雲書林、楽浪書院、昇龍堂、詩洋社、神田書房、書物展望社、東京泰文社、日本防空普及会の「吸収統合事業体」だったことがわかる。その事実から考えると、米岡は青磁社や八雲書林以外の出版社の経営者であり、それらの「吸収統合事業体」へと至るプロセスを経て、その代表として奥付発行者となっていったのだろう。

 その『古琉球』の奥付裏に一ページ広告が掲載され、まさに『古琉球』の隣に桑田忠親の『千利休』『大名と御伽衆』『戦国武将の生活』が並んでいる。『[現代日本]朝日人物事典』によれば、桑田は大正十五年国学院大学卒業後、昭和二年から二十年にかけて東京史料編纂所に勤務して、戦後は国学院大学教授となり、戦国・安土桃山時代史及び茶道史を研究とある。またNHK大河ドラマ『太閤記』などの監修や時代考証も手がけているという。

f:id:OdaMitsuo:20191105105235j:plain:h115 f:id:OdaMitsuo:20191105104850j:plain:h115 [現代日本]朝日人物事典

 実はその『千利休』だけは入手していて、桑田の経歴から考えると、この大東亜戦争下における青磁社からの三冊の出版が、戦後の国学院大学教授へと結びついていることは想像に難くない。また『千利休』こそが桑田の所謂出世作だったのではないだろうか。その「はしがき」は次のように書き出されている。
f:id:OdaMitsuo:20191029145651j:plain:h120(再版)

 日本文化の隠れたる建設者である千利休の委しい事蹟をしらべてみたいといふ希望は、資料編纂所に入つた当初からもつてゐた。茶人の系図や茶書や逸話など許りいぢくつてゐたのでは本当のことは分るものではないといふことも、歴史を段々と本格的に勉強するに従つて判つてきた。どうしても利休自身の手紙といふのを丹念に蒐め、それを基本として調べなければ駄目だと考へ、あらゆる機会を利用して利休の手紙の蒐集に力めた。

 つまりここでの千利休は彼自身の書状を第一の史料として描かれていることが示唆されているように、「付録」としても六十一に及ぶ書状が「利休文献」として巻末に収録されえいる。それに第二史料として、利休在世時の茶人、公家、神主、僧侶、武人の書状、第三史料として、やはりこうした人々の日記が参照される。これらを根本史料とし、利休が「単なる茶湯の名人であつた」のではなく、「時代に即した茶湯の改革者」「生活の創造者」だった生涯がたどられていく。それに寄り沿って挿入されているのは口絵の「利休画像」「利休所有早船茶碗」であり、それらは十二に及んでいる。

 「付録」の「利休文献」の多くが個人所蔵であったように、これらの「挿画図版」も茶道関係医者や公文書などの掲載はあるにしても、やはり大半が個人所蔵に近い。それゆえに、桑田の『千利休』はこれらの根本史料の蒐集にその特色があり、「これらはすべて断片的なもので、その一つ一つを繋ぎ合はせて形を整へるに、思いがけない時日を要した」ことが了承される。

 この『千利休』は「或る美術雑誌」に連載されたもので、「自分を説いて未定稿に近い文章を雑誌に発表させ、何かにつけて御鞭撻下さつた三成重政・脇本楽之両氏」との謝辞からすれば、この二人が「或る美術雑誌」の編集者だと推測される。ただ「或る美術雑誌」とは何をさしているのだろうか。

 では単行本企画は誰に寄って進められたかということになるのだが、やはり「はしがき」に「このたび青磁社の御主人のお勧めにより一本に纏める」という一文が見える。この事実から判断すると、「青磁社の御主人」とは他ならぬ発行者の米岡来福だと見なしていいだろうし、彼もまた鎌田敬止や山平太郎と分野は異なるにしても、文芸書、それも歴史書を専門とする編集者だったように思われる。おそらく桑田の『大名と御伽衆』や『戦国武将の生活』も彼の手によって送り出されたのはないだろうか。


odamitsuo.hatenablog.com  

[関連リンク]
◆過去の[古本夜話]の記事一覧はこちら

古本夜話964 稲村賢敷『沖縄の古代部落マキョの研究』

 もう一冊の沖縄書は稲村賢敷の『沖縄の古代部落マキョの研究』で、昭和四十三年に販売所を琉球文教図書株式会社として刊行されている。定価は五弗とあり、本土復帰以前の出版だったことを伝えている。
f:id:OdaMitsuo:20191028114544j:plain:h110(『沖縄の古代部落マキョの研究』)

 奥付の「著者略歴」によれば、稲村は明治二十七年生まれで、東京高師卒業後、沖縄師範、台南二中一中三中農林、八重山中、宮古島中各中等学校を歴任し、現在沖縄県文化財専門委員、那覇市史編集嘱託とある。また著書として、『宮古島史跡めぐり』(宮古郷土研究社、昭和二十五年)、『宮古島旧記』上巻(同前、同二十八年)、『宮古島庶民史』(共同印刷社、同三十二年)、『琉球諸島における倭寇史跡の研究』(吉川弘文館、同前)、『宮古島旧記並史歌集解』(昭和三十七年、共同印刷所)が挙げられている。

 こちらのうちの『宮古島庶民史』は前回の岡谷公二『南の精神誌』、及び外間守善『沖縄の歴史と文化』(中公新書)の参考文献のリストに見えているが、浜松の典照堂で入手した『沖縄の古代部落マキョの研究』は目にしてことがなく、沖縄史研究において、稲村とそれらの著作がどのような位置づけにあるのかは定かではない。だが『宮古島史跡めぐり』などが宮古郷土研究社から出されていることから考えると、東京高師時代に柳田国男の郷土研究社の近傍にいたと推測される。残念なことに『柳田国男伝』には名前が見当らないけれど、本連載961などの比嘉春潮が「序」を寄せていることにそれがうかがわれよう。比嘉は伊波普猷の「マキョの事は、南島の古代社会を闡明すべき手がかり」にして、その語源はおそらく「真子」で、古くは「氏族」や「血統」として用いられ、それから「祖神と同じうする血族団体の住居する地域の義」に転じ、現在に至っているという言を引いている。

f:id:OdaMitsuo:20191029151811j:plain:h110(三一書房版) 南の精神誌(『南の精神誌』) 沖縄の歴史と文化(『沖縄の歴史と文化』)

 それを受け、稲村も『沖縄の古代部落マキョの研究』を「沖縄の古代部落をマキョ又はマキウと称することは、オモロ歌謡にも歌われているし、又祭祀の時に巫女達が唱えるオタカベオモロにも見えている」と始め、それらの例を『琉球国由来記』などから引いている。そしてそれらの遺跡を訪れ、写真を示し、これは前回の「御嶽」「拝所」と見なしていい嶽の位置をたどり、風葬墓地、井泉跡、祭祀の場所と行事などを探っていく。それらに伴い、伝説や神歌も調査され、これらをベースとして、古代人の生活、生業、信仰、部落組織にも測鉛が降ろされていく。こちらに引き寄せていえば、「御嶽」や「拝所」の起源とも関連していることになろう。
琉球国由来記

 同書で最も興味深いのは、やはり表紙写真にも使用されている今帰仁村の神アシアゲという建物である。それは本文でも写真で示され、「今帰仁村宇王城ノ拝所ニアル神アシアゲ、神アシアゲノ左ニ見エルノハ霊石デアル/神アシアゲトイフ建造物ハ原始時代マキョノ住居ノ原型ヲ伝エタモノデアロウ」とのキャプションが付され、次のように説明されている。

 四隅には高さ五尺位の石柱が立てられ、それに桁が渡してある。石柱間の隔たりは約十五尺四方位であろうか、その中間には木柱の仮柱を立て、桁をさせている。屋根は萱で葺き、壁も床も天井もない。石柱の高さは五尺位で、いくらか地中にも埋めてあるから、軒は低く腰を屈して漸く屋内にはいる事ができる程度である。

 そしてさらに沖縄本島北部で残っている神アシアゲを訪ね、それらの十一にも言及し、二つの写真も掲載して続けている。

 こうして私が神アシアゲに就いて、その構造又は使用法等に就いて、出来るだけ古風と思われる点を穿鑿しているわけは、このマキョの遺跡の片隅に建っている柱と屋根だけで出来た神アシアゲと称する建物こそ、沖縄の古代部落マキョの建物の遺構であると考えられるからである。
 猶率直に言うならば、古代部落マキョの住居はこの神アシアゲの建築から柱を取ったもので、中央に一本の丸太の柱を立て、垂木をこれに結いつけ、垂木の他の端は地土に垂れ、又は地下に埋めた。そして小さい入口を一箇所だけ残して、屋根はすっかり萱で葺き、或は萱が飛ばないように其の上を泥で塗り固めるようにしたことも考えられる。則ちこれは日本々土の竪穴遺跡と同じ構造のものであっただろうという事が、この神アシアゲと呼ばれる現在まで残っている、マキョの遺跡の一隅に建っている古代建築の遺構によって推察されるのである。

 そしてマキョの生活が数百年にわたって続けられると、祭祀、慣習、制度が生じ、集会の場所が必要となり、そのために造られたのが住居と異なる神アシアゲという建物で、様々な神も集まるので神アシアゲと呼ばれたのである。それは軒が地面から立ち上ったこと、すなわち「脚をあげた建物」ということから、「アシアゲ」の名称が生じたのではないかと稲村は書いている。

 それだけでなく、ここでは「御嶽」への言及は少ないけれども、マキョや神アシアゲと密接な関係にあるのだろう。


odamitsuo.hatenablog.com


 [関連リンク]
◆過去の[古本夜話]の記事一覧はこちら