出版・読書メモランダム

出版と近代出版文化史をめぐるブログ

古本夜話936 岡正雄とバーン『民俗学概論』

 前回、兄の岡茂雄を取り上げたこともあり、続けて弟の岡正雄にもふれておくべきだろう。

 岡正雄は『民族』の編集に携わりながら、「異人その他」(第三巻第六号)を寄稿している。これは「古代経済誌研究序説草案の控へ」というサブタイトルを付した四十ページに及ぶ論稿である。この論稿は市に山人、異人、山姥、鬼が出現し、その市行事の何らかの構成に参ずるという六つのフォークロアを示し、交易の相手たる「異人」の問題に言及していく。それらの交換や交易は功利的視点だけで解釈できないし、当事者間の相互義務から経済的恣意のままに行なわれていなかった。そしてこのようなフォークロアは古代の経済生活の一面を伝えているし、それゆえに文化史的方法としてのフォークロアの可能性を浮かび上がらせ、岡のいうところの歴史的民族学へとリンクし、まずは原始交易における椀貸伝説や無言貿易がたどられていくのである。

 この『異人その他』をタイトルとする一冊がほぼ半世紀後に言叢社から刊行され、さらにその十五年後に、収録論文は減りはしたけれど、やはり同タイトルで、岩波文庫化されている。後者の編者の大林太良はその「解説」で、「『異人その他』はいわば岡民族学の原点であて、その後展開したさまざまな考えがすでに含まれている」と述べ、そこに「水平的な神出現の表象ないしマレビトの問題」を見ている。
f:id:OdaMitsuo:20190805105324p:plain:h115 異人その他

 「異人その他」はこのように再読、評価され、寡筆ながらも日本の民族学に多くの影響を与えてきた岡のコアを伝えているが、それとパラレルに翻訳が進められ、昭和二年に出されたバーンの『民俗学概論』のほうはほとんど忘れられているように思える。だがそれは原題をTHE HANDOBOOK OF FOLKLOREとするもので、テーマや訳語から考えても、『民間伝承概論』という邦訳タイトルも可能であろう。

 柳田国男監修『民俗学辞典』 (東京堂、昭和二十六年)の「民俗学史」の昭和時代に、「ことに岡正雄の訳出したバーン女史の『民俗学概論』は、この学問に概論がなかった時代だけに裨益する所が大きかつた」とある。それゆえにこの翻訳出版は昭和九年の柳田国男の『民間伝承論』(共立社)の刊行、翌年の民間伝承の会とその機関誌『民間伝承』の創刊へとリンクしていったと考えられる。後者に関しては拙稿『橋浦泰雄と『民間伝承』』(『古本探究Ⅲ』所収)を参照してほしい。

民俗学辞典 f:id:OdaMitsuo:20190805140653j:plain:h110 古本探究3

 手元にあるバーンの『民俗学概論』は岡書院の造本の本領を示すにふさわしい菊判上製、函入で、「用語篇」などの付録を含めて五〇〇ページ近くに及んでいる。「訳者小序」によれば、同書は英国民俗学協会(The Folk-Lore Society)から一八九〇年にゴンム卿が刊行した著作にバーン女史が新たに増訂し、一九一四年に同タイトルで出版したものである。その「序論」の一は「民間伝承(Folk-Lore)とは何か」と題され、次のように書き出され、この一冊の目的の在り処を物語っている。

異人その他(ゴンム卿)異人その他(バーン女史)

 Folk-Loreといふ言葉―字義的には「民間の知識」(The leaning of the people)―は「民間の旧風(popular antiquities)といふ早い頃の用語に代へて、一八四八年、故W・J・トムス氏(W.J.Thoms)の作つたものである。爾来此の言葉は、文化低き民族の間に現に行はれ、或は開花民族中の蒙昧な人民の間に保留されて居る伝統的な信仰、慣習、説話、歌謡、及び俚諺を総括し包含する汎称となつた。此の言葉は、無生、有生の自然界に関する、人間の性質及び人間の作つた事物に関する、霊界及び此れと人間との関係に関する、妖巫術、呪文、寿文、御護り、縁起、予兆、疾病及び死に関する、総て是等の未開且野蛮なる信仰を包含する。又更には、結婚、相続、幼年期及び成年期の生活そして祭礼、戦争、狩猟、漁労、牧畜其の他、或は又神話、伝説、民譚、譚話(パラツド)、歌謡、諺、謎々及び子守歌等を包含する。略言すれば、民間伝承は、民間の心的方面の装備をなす凡べての事項を包含するものであつて、民間の工芸的技倆とは区別される。(後略)

 そうしてそれらの民間伝承は三つの主要項目に排列され、さらにそれぞれの亜項目へと分類される。それらは「信仰と行為(Belief and Practice)」とにおける十亜項目、「慣習(Customs)」における五亜項目、「説話、歌謡及び言慣し(Stories ,Songs and Saying)」における四亜項目であり、それらの採集と記録方法が提示される。したがって続く第一、二、三部では三つの主要項目のそれぞれの亜項目が具体的に言及されていく。そしてこれらが「民俗学(Folk-Lore)なる名称の下に包括される」ことになるのである。

 このような実践的フィールドワークまでを扱った「民間伝承=民俗学のハンドブック」の出現は、『民族』の創刊と並んで、日本の民族学に対しても大きな刺激を与えたにちがいない。

 なお『民族』休刊後、岡正雄は渋沢敬三の援助を受け、昭和四年にヨーロッパに向かい、ウィーン大学でウィルヘルム・シュミットのもとで民族学を研究し、「古日本の文化層」により学位を取得するに至る。これが戦後になって、GHQの民間情報文化局(CIE)がウィーン大学から取り寄せ、「授与式」が行われたエピソードが『異人その他』で語られている。この「授与式」には何が秘められているのだろうか。


 [関連リンク]
◆過去の[古本夜話]の記事一覧はこちら

古本夜話935 岡茂雄、『民族』、渋沢敬三

 『民族』は柳田国男と民族学を志向していた岡正雄の出会いをきっかけとして、大正十四年十一月に創刊され、昭和四年四月に休刊となった。休刊に至る経緯は 『柳田国男伝』の「雑誌『民族』とその時代」に詳しいが、創刊のきっかけとなった岡と柳田の不協和音によるものだった。それはいうなれば、もちろん両者の性格もあるけれど、岡の民族学と柳田の民俗学の違和から生じたと見なせるかもしれない。

 f:id:OdaMitsuo:20190802113223j:plain
 
「雑誌『民族』とその時代」はそれらも含めて、創刊から休刊までのプロセスを丁寧にたどり、編集者としての柳田や岡の姿も伝えている。だが『民族』の奥付にずっと記載されていた編輯人岡村千秋、発行者岡茂雄、発行所民族発行所に関してはラフスケッチに終わっている。私はかつて拙稿「岡村千秋、及び吉野作造と文化生活研究会」(『古本探究Ⅲ』所収)で、岡村のプロフィルと柳田の裏方としての出版代行者であったこと、また「人類学専門書店・岡書院」(『書店の近代』所収)において、岡茂雄に言及している。

古本探究3  書店の近代

 しかし岡茂雄の『本屋風情』 (中公文庫)や『閑居漫筆』(論創社)などでも、『民族』に関しての証言はほとんど見られず、私もふれてこなかってけれど、『民族』にあっても、この二人が実際の編集や製作、販売を担っていたことは確実で、柳田の出版代行者だった。ちなみに岡村は柳田の長兄松岡鼎の次女と結婚し、これも柳田の世話で博文館に入り、『民族』創刊の頃はその編集者だった。岡正雄は岡茂雄の弟で、しかも郷里の先輩の岡村を通じて、柳田と出会ったのである。

本屋風情 f:id:OdaMitsuo:20190804114900j:plain:h110

 岡茂雄のほうはあらためて『出版人物事典』の立項を引こう。
出版人物事典

 [岡 茂雄 おか・しげお]一八九四~一九八九(明治二七~平成元)岡書院創業者。長野県生れ。陸軍幼年学校・士官学校卒。一九二〇年(大正九)軍籍を離れ、島居龍蔵に師事し人類学を志す。関東大震災後、文化人類学関係の岡書院、山岳関係の梓書房を創業。南方熊楠に親炙。『南方随筆』などを出版、柳田国男の『雪国の春』や金田一京助の『アイヌ叙事詩 ユーカラの研究』などの名著も出した。また『山日記』『山』、人類学誌『ドルメン』などを創刊。著書『本屋風情』で第一回(昭和四九)日本ノンフィクション賞を受賞。「本屋風情」は自らを卑下したものではなく、柳田国男にそういわれ、愛着さえもつようになったからだという。

 『南方随筆』 に関しては本連載37で取り上げているし、他の出版物にしても、いずれ機会を得て書いてみたいが、ここでは『民族』のことに限りたい。民族発行所は創刊号において東京都麹町区上六番町、最終号は神田区駿河台北早賀町となっているが、いずれも岡書院の住所である。

f:id:OdaMitsuo:20180109142259j:plain:h120(沖積舎復刻版)

 前者は河東碧梧桐に書いてもらった岡書院の看板を入口に掲げた創業地で、岡は『本屋風情』 の中で、碧梧桐から「私が書く看板を掲げた本屋は、たいがい潰れるが、それでもいいですか」といわれ、「かまいません」と応えたが、「何とそのとおりになったのは笑止」だと書いている。

 後者は明治大学前の一階が「薄汚い土器や埴輪などを窓にならべた、変わった本屋」で、内田魯庵の慫慂による人類学関係図書の専門書店、二階が岡書院の仕事部屋になっていた。つまり民族発行所、編集室であり、「天井は低く、備品万端粗末」で、昼食は来客も「あんぱんとそば」という「御馳走」に限られていたけれど、いつも研究者たち集い、出版企画においても、「掛け替えのない温かな産小屋」となっていたのである。

 さて『民族』に関してだが、岡茂雄は『本屋風情』 の中でダイレクトに言及しておらず、「渋沢敬三さんの持ち前とそのある姿」において、遠回しに語られているだけだ。岡は柳田国男に渋沢を訪ねるようにいわれる。それは大正十四年の暮れで、『民族』創刊号の発行は同年十一月一日であったから、その後のことだったと推測される。柳田の「編輯者より」で、当初は隔月刊予定、「新春早々の刊行」と予告されていたことからすれば、取次、書店ルートの販売入金で製作費をまかなうことはできず、それをどこからか調達する必要に迫られていたはずだ。

 そこで柳田は岡に「会えば、わかる」と命令調で渋沢を訪ねるようにいい、岡はしぶしぶ第一銀行本店に渋沢に会いに出かけた。すると渋沢はいきなり「私はあなたのお仕事に敬意を表しています。(中略)柳田さんたちの雑誌『民族』を続けられるそうですね。手伝わせていただきます」といったのである。それで岡は「柳田先生と話があったんだな」とわかり、「柳田さんたち」の中には渋沢と二高で同級だった編集委員の有賀喜左衛門、後輩で同じく山岳部の岡正雄も含まれているのではないかとも考えられた。つまり『民族』のパトロンとは渋沢だったことになる。『柳田国男伝』に引かれた岡の証言によれば、それは「一万円にものぼる資金援助」だったとされ、この二人の出会いによって、渋沢の「アチック・ミューゼアム」(後の「日本常民文化研究所」)も発足するに至ったという。

 しかもそのような渋沢が控えていたにしても、『民族』の休刊は避けられないもので、資金的にも耐えられなくなったことが、岡正雄による「『民族』の休刊」(第四巻第三号)告知にも書きこまれている。

 「民族」は又可成りの経済的犠牲を耐えて参りました。之は最初から覚悟して居たことですから、今更休刊の理由とすることは出来ないかもしれませぬが、然し休刊理由の四分の一の理由として、こゝに挙げることは又恐らく事の真相を語るものであります。

 それは『民族』が出版ビジネスとして成立しなかったことを意味していよう。その事実はその時代の民俗学や民族学、人類学や考古学書の出版がまだ採算に乗るほどの読者を得られなかったことを告げているし、岡茂雄もまた『本屋風情』 の最終章「落第本屋の手記」を、「商道に徹することの出来なかった私は、本屋風情の資格さえなかった」と結んでいることも付記しておこう。


odamitsuo.hatenablog.com


 [関連リンク]
◆過去の[古本夜話]の記事一覧はこちら

古本夜話934 モースの弟子たちと『民族』

 もう一編モースに関して続けてみる。山田吉彦は『太平洋民族の原始経済』の「後書」において、講義後のモースとの交流について、次のように書いている。

 火曜日には私はモース教授と同じ通りに住んでゐたので一緒に帰るように誘はれた。電車賃は何時もモース教授の厄介になつた。私が如何に払はうとしてもこれは絶対的に拒否された。ポルト・ドルレアンまでの電車の中では以前同教授のところで勉学した宇野、赤松、松本(信広)等の諸教授の近況をよく訊ねられた。宇野博士が宗教社会学を書かれたことを告げるとモース先生は“ははあ、先を越されたな”と髭の唇に微笑を浮かべられた。

 これには少しばかり注釈が必要であろう。山田が渡仏し、ソルボンヌ大学で社会学、民族学を専攻し、モースに師事したのは、昭和九年から十年にかけてである。それから考えると、「以前同教授のところで勉学した宇野、赤松、松本(信広)等」が留学したのは、モースが『社会学年報』を復刊し、民族学研究所を創設し、民族誌学の講義を始めた一九二五、六年=大正十四、昭和二年以後と見なせるだろう。ちなみに宇野は宇野円空、赤松は前回も挙げたシルヴァン・レヴィ『仏教人文主義』の日仏会館出版代表者の赤松秀景で、その理由は後述する。松本(信広)は松本信弘であることはいうまでもあるまい。これらのモースと日本人研究者の背景には柳田国男が大正十四年十一月に自ら命名し創刊した『民族』を置くことができよう。

 『民族』は人類学や民族学を志していた岡正男雄と柳田の出会いをきっかけとし、岡の友人、先輩の田辺寿利、石田幹之助、有賀喜左衛門、奥平武彦を含む六人が発起人、編集委員となってスタートした。石田は東洋史学者で、当時はモリソン文庫(東洋文庫)在籍、田辺は本連載929などで既述しているように社会学者、奥平はドイツ人文地理学専攻、有賀喜左衛門は後に農村社会学へと進んでいる。これらの様々な分野の若い人文学徒との結びつきは、柳田が『民族』に託した民俗、民族、人類、考古、言語、歴史、社会学といった広範な総合雑誌のイメージに起因しているのだろう。

 それは『民族』第一号に寄せられた「編輯者の一人より」の、次のような言葉にも表出している。これは無署名ながら、柳田によるものだ。

 「民族」と云ふ名称は、言はゞ記憶と会話の便の為に選定せられた標語である。我々は雑誌の編輯に由つて、民族に関する学問の範囲を限定せんとする野心を持たぬ。羅らば我々の事業の領域はどれ迄かと言ふと、是も亦追々に読者が之を決するであらうと思ふ。而して此雑誌が繁栄し且つ永続する間には、多数の力は自然に相作用して、真に何々学と名くべき大なる一体を作り上げることと信ずる。我々計画者の之を切望することは申す迄も無いが、読者諸君に取つても之は甚だ楽しみな未来であると言はねばならぬ。

 それは第一号の執筆者とテーマにも投影され、浜田耕作「石金両時代の過渡期の研究に就いて」、井波普猷「琉球語の母韻統計」、新城新蔵「十二支獣に就いて」、柳田国男「杖の成長した話」、鳥居龍蔵「太平洋諸島の巨石文化に就いて」がメイン論文として並んでいる。新城は重力や地磁気の研究から天文学に進み、後の京都帝大総長である。

 こちらに先の「編輯者の一人より」、リヴァース、岡正雄訳「民族学の目的」、奥平武彦「ラッツェル以後」、石田幹之助「書庫の一隅より」、有賀喜左衛門「浜田教授の『豊後磨崖石仏の研究』」といった編集委員たちの翻訳や論稿、書評が続いている。また「北方文明研究会の創立」「啓明会と南島研究」「おもろ草子の校訂刊行」などの告知、紹介記事も付され、それから「学友書信集」もあり、そこには「巴里(松本信広君)より『民族』同人へ」という便りの掲載もある。この信広君こそ、モースが山田に近況を訪ねた松本に他ならない。そこにはマルセル・グラネ、ペリオ、マスペロ、プシルスキイ、モースの消息や講義が語られ、本連載738のアンダーソンや、パリで日本学の代表であるエリセーエフと交流し、ロシア語を習っていることも述べられている。これに「倫敦の秋葉隆君より『民族』の一同人へ」も加えれば、このようなインターナショナルな状況の中で、『民族』が創刊されたことが自ずと伝わってくる。

 なお柳田と『民族』の関係については、柳田国男研究会編纂 『柳田国男伝』(三一書房)の第十章「日本民俗学の確立」において、「雑誌『民族』とその時代」で詳細にたどられている。また『民族』は昭和六十年に岩崎美術社から全冊、全七巻が復刻されているので、それを参照していることを付記しておく。

  f:id:OdaMitsuo:20190802113223j:plain


odamitsuo.hatenablog.com

odamitsuo.hatenablog.com


 [関連リンク]
◆過去の[古本夜話]の記事一覧はこちら

古本夜話933 シルヴァン・レヴィ『仏教人文主義』とマルセル・モース

 本連載929のデュルケム『社会学的方法の規準』の「訳者前がき」において、昭和二年に田辺寿利が関係しているフランス学会と東京社会学研究会の共催で、デュルケム十周年祭が開かれ、そこで当時東京日仏会館フランス学長のシルワ゛ン・レヰ゛、宇野円空、赤松秀景、それに田辺の四人がデュルケムの様々な学問的業績に言及したと述べている。
f:id:OdaMitsuo:20190617222817j:plain:h120(創元社)

 実はその翌年にシルワ゛ン・レヰ゛=シルヴァン・レヴィの『仏教人文主義』が刊行され、レヴィはコレージ・ド・フランス教授、日本帝国学士院客員との肩書が付され、高楠順次郎閲、山田龍城訳とある。これは「印度と世界」を始めとする六編からなり、最後の「合法人文主義」が「ダッカ大学に於ける講演」と記されているように、その話体訳からして、ほとんどが講演草稿だったと思われる。

 そのことが作用してか、本文は一八五ページだが、菊判、皮装の上製、函入のフランス学術書の体裁の造本で、口絵写真としてレヴィの「小照及筆蹟」も掲載に及んでいる。奥付には日仏会館出版代表者として前出の赤松秀景の名前があり、発行者として高楠正男、発行所は大雄閣書房とある。本連載505で示しておいたように、高楠正男は高楠順次郎の息子、大雄閣書房はその出版社で、おそらく父が校閲したことから、その発売を引き受けたのであろう。それゆえに正確にいうならば、日仏会館が発行所で、大雄閣書房は発売所と見なすことができよう。

 私がシルヴァン・レヴィの名前を初めて知ったのは、拙稿「青蛙房と『シリーズ大正っ子』」(『古本探究Ⅱ』所収)や本連載507などの岩野喜久代の『大正・三輪浄閑寺』においてだった。彼女は嫁いだ三輪浄閑寺の新古のあらゆる仏教書収集の中で、「幻の辞典」とされるフランス語の仏教辞典『法宝義林』を見出して驚喜した。学者たちの間でもほとんど見る人がいない『法宝義林』について、知るところを書いている。
古本探究2

 大正八年に万国学士院会議がパリで開かれ、日本から高楠先生が出席された。当時フランスは東洋学の世界的権威と自負していて、印度、中央アジアなどで発掘された梵本の解読も進み、シルヴァンレヴィ教授のように、西域の未知語亀玆(クツチヤ)語を自由に解される学究もいられたから、日本の碩学高楠博士を迎えて、フランス語の仏教辞典編纂の企画が、セナール学士院長やレヴィ教授をまじえて、商議された。
 高楠先生はその時、(中略)仏教研究の最も完成しているのは日本であるから、日本語を元にしなくては、真の仏教辞典は出来ぬと力説され、レヴィ教授もセナール院長もこれに同意されて、およその方針が決まったという。
 それから関東大震災をすぎて、昭和二年にレヴィ教授が日仏会館長になって日本に来られたのを機会に、日本とフランスの学者陣の協力の下、編纂が開始された。

 この『法宝義林』は高楠が亡くなる戦前にA・B・Cの三巻が上梓され、戦後の昭和四十二年にDが出された。岩間は山田龍城の第五巻の刊行はまだ見当がつかないという証言を挙げ、最後の巻が出るまでに百年を要するのではないかと述べている。その後も『法宝義林』の刊行は続いているのだろうか。

 それはともかく、この岩間の言及によって、レヴィをめぐる日本人人脈と『仏教人文主義』の出版の背景が浮かび上がってくるように思われた。しかし今世紀に入ってのことだが、モース研究会『マルセル・モースの世界』(平凡社新書、平成二十三年)が出るに及んで、そこには高島淳「『供儀論』とインド学―もう一人の叔父シルヴァン・レヴィ」が収録され、先述した写真とともに、『法宝義林』のことも含め、レヴィの日本との関係にふれている。
マルセル・モースの世界  

 だがここで特筆すべきはモースの最初の重要な著作『供儀論』はレヴィのサンスクリット文献研究に端を発していることだ。モースは叔父のデュルケムの勧めにより、パリに出て高等研究実習院のレヴィの指導を受け、その結果、彼がモースにとって「第二の叔父」となったのである。それはレヴィがデュルケムと同様にユダヤ人であり、そのこともモースに大きな影響を与えたと考えられる。それらの具体的な事情は高島の論稿を見てほしいが、『マルセル・モースの世界』において、巻末に「モース関連名鑑」が付され、そこにはレヴィのプロフィルが高島自身によって提出されているので、それを示しておく。

 レヴィ、シルヴァン (Sylvain Lévi 1963-1935) 
 インド学者。コレージュ・ド・フランス教授、日仏会館初代館長。日本においては特に大乗仏教のサンスクリット原典の研究で知られているが、幅広い関心の中心には「歴史なきインド」に歴史を返すという心意気があったのではないかと思われる。デュルケムと親交を結び、モースの師であった。

 なおここに見える「歴史なきインド」云々は、『仏教人文主義』所収の「印度と世界」にうかがわれるし、また彼の死に際し、高楠がラジオで追悼講演しているという。


odamitsuo.hatenablog.com

odamitsuo.hatenablog.com

odamitsuo.hatenablog.com

 [関連リンク]
◆過去の[古本夜話]の記事一覧はこちら

古本夜話932 内田老鶴圃、『チ氏宗教学原論』、内田魯庵訳『罪と罰』

 前々回の『自殺論』の訳者として、東北帝大で社会学講座を担当していた鈴木宗忠の名前を挙げておいたが、それに先立つ大正五年に、『チ氏宗教学原論』を早船慧雲と共述刊行している。これは内田老鶴圃からの出版で、手元にあるのは菊判上製四七〇余ページの裸本、大正八年の再版である。
f:id:OdaMitsuo:20190722170248j:plain:h120(『チ氏宗教学原論』)

 この本を教えられたのは本連載911などの比屋根安定訳によるC・P・ティーレ『宗教史概論』(誠信書房、昭和三十五年)においてだった。「チ氏」=ティーレは一八三〇年オランダに生まれ、ライデン大学で宗教学、宗教哲学を講じ、本連載でもお馴染みのマックス・ミュラーとともに宗教学の創立者とされる。『宗教史概論』は七七年、『宗教学原論』は九七年の刊行で、後者が『チ氏宗教学原論』に当たる。しかしどのような事情なのか、平凡社の『世界宗教大事典』(平成三年)にあっては、ミュラーは立項されているのに、ティーレの名前は見出せない。
f:id:OdaMitsuo:20190722165247j:plain:h115

 それらはともかく、『チ氏宗教学原論』は英訳からの重訳で、前編が「宗教発達論」とされ、宗教学の概念と方法、宗教の発達が論じられ、後編の「宗教本質論」では宗教の恒存的要素としての表現と成分、つまり言語や行為と情緒、概念、情操への言及となる。だがこれらの翻訳に関して、意訳、省略、構成変更、抄訳処理を施しているために、「吾人は此翻訳を共訳としないで、共述とした」との断わりも記されている。

 このような「共述」によって『チ氏宗教学原論』を刊行した目的は「之に依つて適当な宗教学教科書を提供」することにあり、その事情として、「我国には一般宗教学を教ゆる学校を随分沢山にあるやうだけれど、適当な教科書もないので困つて居る」ことが挙げられている。この述懐から推測すれば、『チ氏宗教学原論』は大学の教科書として刊行されたはずで、早船も鈴木と同様に東北帝大の教授だったのではないだろうか、そのように考えてみると、内田老鶴圃から出版された経緯が理解できるように思う。

 『出版人物事典』から内田老鶴圃の創業者を引いてみる。

 [内田芳兵衛 うちだ・よしべえ]生年不詳~一八九八(不詳~明治三一)内田老鶴圃創業者。福井県生れ。紙漉の老舗内田一族という。一八七四年(明治七)ころ上京、日本橋西河岸に絵草紙屋と和紙仲介業を開き、書籍の仲買業も行っていたが、八〇年(明治一三)『老鶴万里の心』という本を出版、店の名前を書肆内田老鶴圃とした。八七年(明治二〇)日本橋大伝馬町に移り、そのころから中等教科書や学術書、参考書の出版で名を売った。東京書籍出版営業者組合評議員などをつとめた。

 確かに『チ氏宗教学原論』の奥付住所は日本橋区大伝馬町二丁目とあるし、この記述から同書も学術書兼教科書として刊行されたことがうかがわれる。だが近代文学史において、内田老鶴圃の名前が印象づけられるのは明治二十五年の内田魯庵訳、ドストエフスキー『罪と罰』である。これは丸善に入荷したヴィゼッテリー社の英訳からの重訳で、『明治翻訳文学集』(『明治文学全集』7、筑摩書房)に収録され、現在でもその翻訳を読むことができる。
f:id:OdaMitsuo:20190722210112j:plain:h120 明治翻訳文学集

 そしてそこには『文学界』同人の北村透谷や島崎藤村たちを驚かせ、深遠な影響を与えたシーンが描かれている。それはラスコーリニコフと下宿の女中の会話である。女中はあなたは利口なのにごろごろしてばかりで、お金になることは何もしていないという。それに対して、彼は答える。会話の部分だけを抽出してみる。

 『自己(おれ)だツて為てゐる事がある』(中略)
 『何を?』
 『何をツて、或る事をサ』
 『どんな事?』(中略)
 『考へる事!』(中略)
 『考へる事ツて、それがお金子(かね)になるンですか』

 ここに『考へる事』をしている青年が突然出現したことになるし、これはその後、近代文学のコアを形成し、様々に変奏されていくことになろう。

 この『罪と罰』は丸善に三部入荷し、他の二冊は森田思軒と坪内逍遥が購入した。内田は長谷川辰之助=二葉亭四迷の校閲を求め、明治二十五年十一月に第一巻、翌年二月に第二巻が刊行された。だが世評が高かったにもかかわらず、売れ行きは芳しからず、第二十章で中絶してしまったのである。『明治翻訳文学集』の口絵写真には『罪と罰』第一巻の書影が掲載され、表紙には内田老鶴圃という版元名がはっきりと記されている。しかしその翻訳刊行に至る事情と経緯に関してはまったく判明していないのである。

 なお内田老鶴圃は創業者の内田芳兵衛の死後、三代目内田作蔵社長の長女と結婚した内田篤次が養嗣子として四代目を引き継ぎ、昭和十四年には『採集と飼育』を創刊し、自然科学関係の雑誌、書籍の出版に力を注いだとされる。だがその全出版目録も社史も刊行されていないはずで、戦後も含め、その全貌は定かでない。


odamitsuo.hatenablog.com

 [関連リンク]
◆過去の[古本夜話]の記事一覧はこちら