出版・読書メモランダム

出版と近代出版文化史をめぐるブログ

2013-07-04から1日間の記事一覧

古本夜話310 小笠原白也『女教師』と青木嵩山堂

二回大阪の和本に関して続けたので、もう一回それについて書いてみる。これもまったく偶然なのだが、脇坂要太郎が『大阪出版六十年のあゆみ』で語っている大阪の近代文芸書の草分けで、駸々堂と並ぶ青木嵩山堂の一冊でもある。それは痛みの激しい菊判二百八…